結局夫だって自分の子供には甘いのです

なんだかんだで毎月お金がかかるので節約しないといけないのですが、子供のものに関してはつい買ってしまいます。

必要な物ではないのに、子供が欲しがるとしょうがないなあと思ってしまうんですよね。

その度に夫には咎められるし、自分でも甘いと自覚しています。

子供はミニカーが好きでミニカーを見つけると欲しいと持ってくるんですよ。

その精一杯のおねだりがかわいくて買ってしまうんですよね。

しかしよく考えたらほぼ毎日のように買っているのでこれではいけないとミニカー売り場に近寄らないようにしていました。

なのに先日、夫が子供を連れてわざわざミニカー売り場に行ったのです。

夫は大人なのだからどうなるのかわかっているはずなのに、よく連れて行ったなと思いました。

そして案の定ねだられていましたよ。

自分の子供ですから、ねだる姿はかわいいのでしょうね。

私にどうするの?買ってあげる?と聞いてきましたよ。

日頃私には子供に甘い甘いと言っているので、さあ?あなたが決めたら?と言いました。

結局買っていたのであなたも甘いでしょうがと怒りましたよ。もうこれで私に文句は言えませんね。

クリアネオの口コミを完全解明

かわいいランチョンマットができました

私は手芸が趣味で、日々インターネットで好みの柄のプリント生地が安く売っていないかチェックしています。

今日は、そうやって見つけたかわいいいちご柄の生地が届いたので、その生地を使ってランチョンマットを作ることにしました。

私は1人の時間を見つけては色々なものを手作りしているのですが、ランチョンマットはあっという間に作れてしまうので子どもが学校に行っている間に余裕で完成します。

長期間かかって完成させるものは出来たときの達成感や喜びが大きいですが、すぐ完成するものは作っている時間がとにかく楽しいです。

昼間、ワイドショーを見ながらミシンを踏んで色々なものを作っている時間が私の一番の幸せな時間かもしれません。

今日も生地を裁断してからランチョンマット4枚を縫い終えるまで、2時間もかかりませんでした。

早速今日の夕食からこの新しいランチョンマットを使える!と思うと、ちょっと面倒な夕ご飯の用意もたのしくできそうな気がします。